ドジャカス顔面ドジャーブルー(ドジャース観戦記)

思ったことをただただ書く。ガチギレ注意

先発補強について

2023年のドジャースについて

先発投手に限定して書く。

23年のドジャースの投手事情だが、ブルペンは普通によかったが、先発はメジャー全体でもワーストレベルである。規定投球回到達者数は誰ひとりいませんでした。ボビー・ミラーやペピオなどの新人の台頭が目立ったが、開幕ローテからウリアス、メイ、シンダーガードが消えてしまうなどそれ以上に先発ローテの崩壊が目立っていた。

ウリアスは24年の復帰が絶望的であり、カーショウは手術を受けたため、来年は夏まで復帰できないと思われる。ゴンソリンも24年は投げられない。

180イニングを投げた(投球内容はお世辞にもいいとは言えないが)リンも移籍しており、ビューラーが復帰するとはいえ、先発補強は急務であり、FAやトレードである程度計算できる先発を2人以上獲得しておきたい。

それと、PSに強いかどうかはおそらく最もどうでもいい項目だと思うが、個人的には重視してもらいたい。世界一を目指すならばこだわらなければいけないと思う。

FA先発投手ランキング上位の選手

選手名 IP K/9 BB/9 HR/9 ERA FIP WAR
山本由伸
ブレイク・スネル 180.0 11.70 4.95 0.75 2.25 3.44 4.1
アーロン・ノラ 193.2 9.39 2.09 1.49 4.46 4.03 3.9
ソニー・グレイ 184.0 8.95 2.69 0.39 2.79 2.83 5.3
ジョーダン・モンゴメリー 188.2 7.92 2.29 0.86 3.20 3.56 4.3
エドゥアルド・ロドリゲス 152.2 8.43 2.83 0.88 3.30 3.66 3.0
マーカス・ストローマン 136.2 7.84 3.42 0.59 3.95 3.58 2.7
今永昇太
ルーカス・ジオリト 184.1 9.96 3.56 2.00 4.88 5.27 1.0
クレイトン・カーショウ 131.2 9.36 2.73 1.30 2.46 4.03 2.3

FanGraphs Baseball | Baseball Statistics and Analysis

カーショウだが、ロサンゼルスに骨を埋めるのか、故郷のダラス(レンジャーズの本拠地であるアーリントンはダラスの目と鼻の先にある)に帰るかはわからないが、少なくとも今オフに出ていくことはなさそう。

個人的に最も欲しかったノラがフィリーズに残留した(一応165M出していたは評価する)のも少し残念である。

個人的にはスネルはぶっちゃけいらねえ。23年は2度目のCY賞に輝いたが、キャリア全体を見ると一発屋ならぬ二発屋である。規定投げられたのが2回しかないのはちと厳しい。今季は与四球率がキャリアワーストレベルになっており、与四球の多い投手はちょっとねぇ(個人的な好みの問題だが)。

スネルがいらないとなると、エース級活躍を期待できるのは由伸か。由伸はNPB時代はタイトルを独占するなど完全に敵なしの状態であった。1年目のダルマーを上回る活躍は期待できる。200イニングを投げるスタミナの部分だが、21年にはオリンピックを含めて200イニング程投げているため、そこは問題なさそう。個人的な懸念点としては、WBCでメキシコ相手に失点していた部分か。体格的な部分も不安要素ではある(リンスカムが7年で終わったのをみるとどうしても気になってしまう)。それと重要な試合で炎上する傾向にあるのもなぁ。ただ日本のファンが増えるのはちょっとうれしいかな(変なファンはお引き取り願います)。

グレイ(記事作成中にカージナルスと合意)は今季CY賞投票で2位となっており、上記の10人の中では指標が最もよい。PSでも強い選手であることもプラス。しかし、年齢的にガタがくる可能性もあることから大型契約をするのは得策ではない。

モンゴメリーは個人的にかなりの優良物件であると思う。投球スタッツはここ2年は右肩上がりとなっており、シンカーの割合を増やしてから投球内容が改善している。PSにも強い選手である。懸念点としてはxFIPと防御率に差があるため、反動で防御率が悪化する可能性がある部分か。個人的な評価では左腕の中で最上位である。

今季は夏にドジャース入りを拒否したロドリゲスだが、今オフはどこのチームでもOKとのこと。レッドソックスにいたときと比べると三振率が低下しているが、平均球速は戻りつつあるため、21年の状態に戻る可能性はある。ただ、規定投球回到達が1回しかなく、30試合以上に先発した年が2年しかないため、イニングを食うことはできるのかはわからない(200イニング投げてる年もあるので期待できないわけではない)。左腕がスカスカな以上、優先順位は必然的に高くなる。

ストローマンは個人的にはいらないわけではないが、絶対にほしいとも思えない。ここ2年は規定投球回に到達できておらず、平均投球回も落ち気味である。今季はFIPに対して防御率が悪いため、来季は防御率が改善する可能性がある点はプラス(xFIPやSIERAを見るとそうとは言い切れないが)。今季は四球が増えた部分は何とかしなければならない。

今永だがWBCでの投球はいいものがあり、MLB球への適応も問題ないと考えられる。左腕が不足しているので、モンゴメリーやロドリゲスを取り逃したら取るべきであるが、個人的な優先順位はそこまで高くはない。

ジオリトは6年連続で規定投球回(22年はアウト1つ足りなかったが、ちっちゃいことはワカチコ)に到達できているため、イニングイーターとして期待できる。しかし、被本塁打が多く支配力があるわけではないので、それ以上の仕事はできないと思う。

トレードで狙ってほしい選手

トレードで取るとしたらタイラー・グラスノウ、コービン・バーンズ、ディラン・シース、シェーン・ビーバーあたりか。

個人的にはグラスノウが一番いらない。支配力はあるが、スペ体質なうえにPSでも強いわけではないから。

バーンズだが、近年の投球はメジャー全体でもトップレベルであり、エースとして期待できる。しかし、22年以降スタッツが悪化しているのがねぇ・・・まだガタがくる年齢ではないのに。三振が減って四球が増えてるという部分は何とかしなければならない。球速とスピンレートが低下しており、まさかぶっ壊れてることなんて・・・杞憂に終わることを願うばかりである。トレードで取るならついでにアダメスも貰ってしまおう。

シースだが、ここ3年は規定投球回に到達しており、22年はCY賞投票2位となっており、エースとしての働きは期待できる。懸念点があるとすれば、手術歴とスライダーの多投から、肘の状態がよくない可能性があるという部分か。まぁ1年だけのレンタルなら気にはならない。それとスネルほどではないが、与四球が多いのもいただけない。

ビーバーはバーンズやシースよりは個人的な優先順位は低い。打球関連の指標が悪化している部分とフォーシーム、カーブ、スライダーの空振り率が低下しているという部分が成績悪化の原因であると考えられる。スピンレートや球速の低下が見られないので、22年の水準に戻る可能性は十分にあると考えられるが、ここはドジャース投手スタッフの腕の見せ所。それとスペである可能性はないわけではない。

個人的な優先順位はシース=バーンズ>>ビーバー>>>>>>>>グラスノウになりそう。

その他の選手もいるが、全知全能ではないので省く。バウアーに関しては獲得してから書く。

それとなあ

トラウトはさすがにいらねえよ。

絶対絶命

 

先発のボビー・ミラーはいきなり無死満塁のピンチを招くと、クリスチャン・ウォーカーに犠牲フライを打たれて1点を先制されると、ガブリエル・モレノの内野ゴロの間に1点を追加される。ここで止めておきたいところだったが、ルルデス・グリエル・ジュニアにタイムリーを打たれ、3点目を失う。

ボビー・ミラーは2回で降板。ハードな場面(最終戦までもつれたらもっとプレッシャーがかかると思うけど)での先発だったが、まぁ3点で止めてくれたのはよかったかも。最終戦は誰が先発するかわからない(ライアン・ヤーブローをロースターから外したのがアカンかった)。

その裏は1死からフレディ・フリーマンが四球で出塁すると、ウィル・スミスはしかし、J.D.マルティネスが三振に倒れ無得点に。

その後はザック・ギャレンの前に手も足も出ず、このまま完封負けと思ったが、マルティネスがソロホームランを放ち1点を返す。さっき打てよと言いたいところだが、打たないよりはマシ。

これで試合の流れはドジャースに傾く。先頭のデイビッド・ペラルタはセンター方向へライナーを放つが、ショートの真っ正面に飛んで1死となるも、ジェームズ・アウトマン、ミゲル・ロハスが出塁し1,2塁に。しかし、ムーキー・ベッツが倒れ、続くフリーマンはフルカウントまで持ち込むも、まったく頭になかったのかカーブに手が出ず見逃し三振に。

6回にライアン・ブレイシアは2死までこぎつけるも、グリエルにスライダーを上手く拾われてホームランとなり追加点を許す。結果論だけど、ワンバウンドするようなボールでもよかったかなぁ。はっきり言ってここでの追加点はキツすぎんねん。

先頭のスミスは倒れるも、マンシーとマルティネスが連打で出塁し1,2塁となる。ここで相手ベンチはギャレンを諦めアンドリュー・サールフランクに交代。ペラルタの代打のクリス・テイラーは四球を選び満塁となると、続くジェイソン・ヘイワードの代打キケ・エルナンデスの打球はセンターへ抜けようかという当たりとなり、セカンドのマルテが飛びついて抑えるもオールセーフとなる。1点を返してなお満塁であったが、アウトマンとロハスの代打のウォンは走者を1人も返せず攻撃終了。マルテのプレーは抜けていれば2点入っただけあって、止めたのは相手にとってはデカかったか。

ぶっちゃけこの展開では最低でも1点差までもっていかなきゃダメだな。去年から同じようなものばっかり見せられてる希ガスダイヤモンドバックスの初回の攻撃は四球×1と単打×3、ドジャースの6回の攻撃も四球×1と単打×3となっている。そんで入った点数はダイヤモンドバックスが3点でドジャースが1点。この差がそのままスコアに出た形となった。

7回と8回はランナーを出すも、(σ・∀・)σゲッツ!!で台がナッシングとなり、9回はふつーに三者凡退で終了。

この2試合はベッツとフリーマンが冷えてんな。これじゃあ勝てんわ。

これで完全に後がなくなった。次の試合の先発はランス・リンとなっており、言っちゃあ悪いけど自分はまったく期待していない。まぁ誰であれ勝つしかないんだけどね。ここからひっくり返せるのかどうかは神のみぞ知る。

 

崖っぷちだーいすき

10/7 LAD 2-11 ARI

先発のクレイトン・カーショウはいきなり炎上。先頭打者から4者連続でヒットを打たれると、ガブリエル・モレノにホームランを打たれて5失点。結局カーショウは1死しか取れずに6失点でKO。4戦目にも登板する予定であるが、自分が監督ならば少なくともこのシリーズで先発させることはしない。17年のワールドシリーズで炎上したダルビッシュを最終戦でも先発させてワールドチャンピオンを逃したことを反省してるのかは知らないが、ロバーツは選手を信頼して任せることを好んでる気がする。個人的にこのやり方は選手をスケープゴートにするという逃げ道があるから嫌いなんだけど。まぁロバーツは非情になれないのであろう。

2番手で登板したエメット・シーハンも勢いを止められず、ホームランを打たれるなど3点を失う。勝つためには最低限初回の6点だけで止めておかなければならない。それと、前の記事に書いたと思うけど、キャロル抑えないとこのシリーズは勝てない。

打線はメリル・ケリーの前にランナーを出すも点を奪えない。8回にウィル・スミスのタイムリーで2点を返すも時すでにお寿司。

おそらく、このシリーズスイープされるだろう。次の試合は完封負け、その次はランス・リンが大炎上みたいな感じで。完封負けこそ免れたが、ぶっちゃけ相手の勢いを止められるとは思えない。ドジャースはあと1試合負けても大丈夫だが、シリーズの流れ的にもう絶体絶命である。

ただ、ここから3連勝すればワールドチャンピオンにもなれると思う。松岡修造氏の言葉を借りるとすると、崖っぷちに追い詰められているが、それを乗り越えれば、本当の一番強いドジャースに出会えるのである。つまり、ワールドチャンピオンになるため試練が与えられていると思った方がいい(そうでも思わないとガチでタテられるから)。こういう場面で鬼のように強い男がいないのはキツいんだけど。このチームにこういう苦境を跳ね返す力があるのかないのかは自分にはわからないが、20年のチームはこの力があったから世界一になれたと思う。

まぁ過去は変えられない以上、残り3試合を全力で取りにいくしかない。

え、何で松岡修造になっているのかって?

それはナインに覇気がないから。立浪監督の言葉を借りるとするならば、戦う顔をしていない。だから自分なりに気合を注入したい。

今回は精神論ばかり言ってるが(自分は野球経験はないので、技術論はさっぱりである)、ぶっちゃけここまで来たら技術とかの問題ではないのである。

ダイヤモンドバックスについて

地区シリーズではアリゾナダイヤモンドバックスと対戦することが決定。

っていうわけでダイヤモンドバックスの戦力を見てみることにする。

1.野手

主な野手の成績は以下のとおり

Name PA AVG HR OBP SLG OPS wRC+
Corbin Carroll 645 .285 25 .362 .506 .868 133
Ketel Marte 650 .276 25 .358 .485 .843 127
Christian Walker 661 .258 33 .333 .497 .830 120
Tommy Pham 481 .256 16 .328 .446 .774 110
Lourdes Gurriel Jr. 592 .261 24 .309 .463 .772 106
Gabriel Moreno 380 .284 7 .339 .408 .747 103
Geraldo Perdomo 495 .246 6 .353 .359 .712 99
Evan Longoria 237 .223 11 .295 .422 .717 92
Emmanuel Rivera 283 .261 4 .314 .358 .672 83
Alek Thomas 402 .230 9 .273 .374 .647 71
Jake McCarthy 312 .243 2 .318 .326 .644 79
Jace Peterson 430 .211 6 .304 .307 .611 74

この中で最も注意しなければならないのはキャロル。ワイルドカードでも本塁打1本を含む5安打と勢いに乗っているため、止めなければ敗退する可能性が高くなる。

その他にも2番打者のマルテや、4番のウォーカーの長打にも注意する必要があるが、幸い上位打線はレギュラーシーズンでは比較的抑えている。

また、自動アウトとなるであろう打者はほとんどいないため、伏兵の一発にも警戒する必要がある。

2.投手

2.1.先発投手

主な先発投手の成績は以下のとおり

Name G IP K% BB% HR/9 ERA FIP
Zac Gallen 34 210.0 26.0% 5.6% 0.94 3.47 3.27
Merrill Kelly 30 177.2 25.9% 9.6% 1.01 3.29 3.85
Ryne Nelson 27 138.1 15.2% 7.3% 1.56 5.53 5.17
Brandon Pfaadt 18 90.0 22.7% 6.3% 1.90 5.70 4.93
Tommy Henry 16 87.2 17.0% 9.3% 1.23 4.21 4.91

おそらく1戦目と4戦目はケリー、2戦目と5戦目はギャレンが先発してくると思われる。3戦目はワイルドカードで先発したファートか。

ケリーは今季ドジャースとの試合に4試合に登板しており、そのうち3試合はある程度抑えられているため、イージーな展開にはならないと思われる。ギャレンは2試合で対戦しており、両方とも燃やしているが、なめてかかってはいけない。

こちらの先発は1戦目がクレイトン・カーショウ、2戦目がボビー・ミラーとなっている。3戦目はおそらくランス・リン(ライアン・ペピオにしろよと言いたい)だと思う。

2.2.リリーフ投手

主なリリーフは

Name G IP K% BB% HR/9 ERA FIP
Miguel Castro 75 64.2 22.4% 9.3% 1.11 4.31 4.31
Kyle Nelson 66 54.1 27.4% 5.7% 1.82 3.98 4.34
Paul Sewald 65 60.2 32.1% 9.6% 1.19 3.12 3.57
Scott McGough 63 70.1 28.6% 10.0% 1.79 4.73 4.76
Kevin Ginkel 60 65.1 27.6% 9.1% 0.41 2.48 2.86
Joe Mantiply 35 39.0 17.8% 5.7% 0.92 4.62 3.85
Ryan Thompson 31 30.2 17.4% 6.6% 0.88 3.82 4.33

ジンケルが強力であると考えられる。

奪三振能力の高い選手は一定数いるが、被本塁打が多い選手もおり、全体的に先発に比べると劣る。となると先発投手を早い段階で降板させられるかどうかが重要になってくる。

リリーフはドジャースの方が上回っているため、ブルペン勝負に持ち込めれば勝てる可能性が高い。

 

 

 

残塁祭りでも勝つ

9/19 LAD 3-2 DET

先発は普段はリリーフで登板するケイレブ・ファーガソン。先頭打者から連続三振で2死となるも、スペンサー・トーケルソンにホームランを打たれて先制点を許す。

ドジャースはその裏、1死からフレディ・フリーマン、ウィル・スミスの連打でチャンスを作るも、マックス・マンシーが三振に倒れ、続くJ.D.マルティネスは四球を選び満塁となり、デイビッド・ペラルタはセンター方向へのライナーを放つも、セカンドのファインプレーに阻まれる。

2回から登板したライアン・ペピオは立ち上がりは三者凡退に抑えるも、3回にパーカー・メドウズに初球のフォーシームを打たれて1点を失う。それ以降は得点圏に走者を背負うも無失点に切り抜ける。最大のピンチは7回で、先頭打者からの連打で無死1,3塁となる。ここで打者のザック・ショートはスクイズを試みるも本塁でアウトにすると、後続も打ち取りピンチを凌ぐ。

ペピオは6回を投げ自責点1、奪三振4、与四球1となっており、ストライクゾーンを積極的に攻める投球であり、何かしらの球種を多く投げたということはなかった。この試合ではチェンジアップはあまりいいコースに決まっていなかったので、ストライクゾーンのフォーシームでゴリ押しする投球であったが、ボール自体に威力があり、相手がフォーシームを狙って来なかったため、失点を抑えることはできていた。フォーシームはもっと高めのコースに投げられればなぁ(ペピオのフォーシームは上方向への変化量は多いため、高めは有効である)。

打線の方は4回にマルティネスのホームランで1点を返すも、3回以降は残塁祭りに。8回は簡単に2死となるが、マルティネスがヒットで出塁する。代走のクリス・テイラーは初球に盗塁を決めると、打者のペラルタは3球目の外角のカーブをレフトへ打ち上げる。レフトがフライを捕れず後逸するとエンタイトルツーベースとなり、盗塁が効いた形となり同点に追いつく。

9回はアレックス・ベシアが三者凡退に抑える。流れはこっちきていたため、この回で決めたいところ。1死からムーキー・ベッツがヒットで出塁すると、2死後、スミスが死球を受け、1,2塁のチャンスとなる。

外角低めのカーブをライトに弾き返す。ライトからバックホームされると、本塁はクロスプレーとなり、タイミング的にはアウトだったが、送球が一塁方向に逸れたため、捕手のタッチが間に合わず、ベッツはセーフとなり試合終了。

 

入団拒否した男

9/18 LAD 8-3 DET

タイガースの先発はトレードデッドラインでドジャース入りを拒否したエドゥアルド・ロドリゲス。初回は三者凡退に抑えられるも、2回に元同僚のJ.D.マルティネスがホームランを放ち先制する。3回には1死からミゲル・ロハスがヒットで出塁すると、ムーキー・ベッツが四球で出塁し、続くフレディ・フリーマンはヒットで繋ぎ1死満塁とする。次打者のウィル・スミスの犠牲フライで1点を追加すると、続くマルティネスは内角高めのカッターをレフトスタンドに放り込み、2本目となる3ランホームランでリードを5点に広げ、ロドリゲスを早いタイミングKO。

この試合でホームランを2本打ったマルティネスだが、今季は長打力が全盛期に近いレベルに戻っており、ここまで約390打席で28本塁打。その反面コンタクト力は低下しており、K%は昨季から7%ほど悪化している(年齢的な部分もあるから仕方ない部分もあるが)。今季は8月に離脱したが、9月に復帰してからは調子がよく、マルティネスはポストシーズンでの活躍がそれなりに期待できる選手であるため、ここで調子を上げてきたのはデカい。

先発のランス・リンは初回に四死球を複数出すなど、序盤からランナーを背負うも無失点に切り抜ける粘りのピッチングが続くが、5回に2死からの連打でピンチを招くとジェイク・ロジャース3ランホームランを打たれて2点差に詰められる。打たれたのは内角高めのフォーシームとなっており、ロジャースは高めのコースを得意としているため、高めのコースに投げるのは得策ではないと考えられる。

この試合のリンは5回を投げて自責点3、被安打6、奪三振6、与四球2となっており、フォーシームを中心とした投球であり、高めのコースに投げられており、ストライクゾーン内で勝負することができていたのはよかった。球数がかさんでしまい、長いイニングを投げを投げられなかったのはいただけない。原因としては2ストライクに追い込んでから球数を要してしまったことであると考えられる。

6回から登板したリリーフ陣は4イニングを完全投球。ここ最近はリリーフの完全投球が多い気がするため、若干1名を除くとリリーフはかなり安定してきているように見える。その1名は昨季からブルペンの柱となっていたため、勤続疲労の影響もあるかもしれないが、なんとか復調してほしい。復調すればブルペンにはほとんど隙がなくなる。

奪三振マシーンと化したヤーブロー

9/17 LAD 6-1 SEA

打線はローガン・ギルバートを早々に攻略。

初回にジェイソン・ヘイワードが落ち切らないスプリットを捉えて先制のソロホームランを放つ。2回は1死からアメド・ロサリオ、コルテン・ウォンの連打で1点を追加すると、オースティン・バーンズの2ランホームランでさらに2点を追加。5回にもヘイワードのタイムリーで5点目を奪う。

先発は普段はリリーフで登板することが多いシェルビー・ミラーであり、初回にJ.P.クロフォードに二塁打を打たれるも、無失点に抑える。

2回からはライアン・ヤーブローが登板。立ち上がりにヒットを集中されて失点し、3回以降も先頭打者を出すも、無得点に抑える。ヤーブローは4.2回を投げて自責点1、被安打5、奪三振7、与四球2となっており、カーブ、カッター、シンカーを投げ分けて、カーブはウイニングショットに使えており、シンカーはカウント球として有効に使えていた。ストライクゾーンを積極的に攻める投球であったが、そこんところが裏目に出てヒットを多く打たれていた部分もあった。ヤーブローはドジャース移籍後に成績がかなり良くなっており、防御率は4.24から2.90となっており、奪三振率は5.12から9.00と大幅な上昇が見られる(イニングは全然食えていないんだけど)。個人的には契約延長を考えてもいいかもしれない。成績が向上した原因としてはチェンジアップの割合を減らしてカッターの割合を増やしたシンカーの空振り率が上昇しているであると考えられる。

6回2死からはギャビン・ストーンが登板。そこそこハードな場面でのリリーフだったが、ポストシーズンでもストーンはリリーフに回る可能性もあるため、無失点に抑えることができたのはよかった(ある程度計算できる先発投手が4人いるかはわからないが)。この試合でストーンは3.1回を投げて被安打1、奪三振5、与四球2となっている。チェンジアップを中心とした投球であり、三振を多く奪っているものの、全体的にコントロールが悪く与四球も多くなっている。チェンジアップは低めに決まっており、三振のほとんどはボールゾーンのチェンジアップであった。真ん中より上のボールがほとんどなかった。もっと高めに投げられればなぁ(フォーシームの上方向への変化量は少ないわけではないので、フォーシームで空振りを奪えないわけではない)。

打線の方は8回にジェームズ・アウトマンがホームランを放ち1点を追加。続くロサリオはホームランが出ればサイクルヒットだったが凡退。

打線は竜頭蛇尾となってしまったが、ちょくちょく追加点を取れたのはよかった。